カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声
注目キーワード

アーククリーンとは? 特長と安全性


アースクリーンは油を分解します

一般の油洗浄剤は油の分子を高分子のまま水と結びつけようとします。 
なので、水が白く濁ってしまうのです。
また、大きい油の塊は時間が経つと油紋や再付着、オイルボールの発生などにより、『油の二次汚染』を引き起こします。
その上、大きい油の塊は微生物が分解するには大きすぎ、時間がかかる為、その間に参加したり、腐敗することで異臭を放つ原因となります。

アースクリーンは、汚れや油を微細化するため、その分子間に水が入ると分子間距離が広がるため再結合できず、油紋やオイルボール、再付着が汚れが出来にくい状態になります。これを加水分散と呼んでいます。
また、汚れや油を微細化(微粒子化)してから除去するため、界面活性剤量が少量で済むという最大の特長を持ち合わせています。

また、アースクリーンは、水系の中性洗剤ですので、舗装道路に撒いても舗装をボロボロにしません。。
備蓄に置いても、ほとんどの油中和剤が第三石油類の危険物扱いで、備蓄には消防署の届け出が必要なのに対して、
アースクリーンには、そういう規制はありません。



一般の洗剤に含まれる界面活性剤量は、20〜70%と多く使用されています。
界面活性剤は自然界での分解が難しい物もあり、肌荒れ等の皮膚障害や河川の汚濁、地下水の汚染等を引き起こします。
しかし、アースクリーンに含まれている界面活性剤量は10%以下と少なく、これを希釈することで界面活性剤量は原液の希釈数量分の1になります。

また、使用している界面活性剤は、自然分解し易い良質の物を厳選しておりますので、生分解性が77%以上(動植物油専用は95%以上)いずれも国際 基準のOECD法のクリアレベルをパスしており、洗剤そのものも自然界での生分解に優れています。

このことから、アースクリーンは自然界での汚染を極力小さくし、手肌にも優しい洗剤と言えます。
※本剤には、ABS・LAS・リン酸塩・ヒ素・重金属・メチルアルコール・蛍光増白剤は含まれておりません。

アースクリーンの特長

●白濁しません。
●油紋や再付着、オイルボールが起こりにいので、二次汚染になりにくくなります。
●中性、水系洗剤なので、舗装を傷めません。 塗装面を溶かしたり剥離しません。。
●水系洗剤なので、引火点が無く、消防法上の備蓄制限がありません。
●希釈タイプ(10〜50倍)なのでコストを削減できます。
●流出油の処理にも効果を発揮します。
●有害物質は含んでいません。
  (発がん性物質・急毒性物質・揮発性有機化合物等)
●中性(ph7.0〜7.3)です。
●床洗浄・部品洗浄・手洗い等通常の洗剤として使用できます。
※アースクリーンAはアルカリ性なので、手肌は粗れます。

アースクリーンの安全性

●国際規格をクリアした生分解性
  OECD規格(DOC法)・・・生分解度77%以上
●発がん性、急性毒性・・・無し
●PRTR法・・・該当物質はありません。
●労働安全衛生法
  【有機溶剤中毒予防規則】・・・該当物質はありません
  【第57条:表示対象物】・・・該当物質はありません
  【第57条の2:通知対象物】・・・該当物質はありません
●VOC規制(揮発性有機化合物)・・・該当物質はありません
●GHS表示・・・表示該当物質はありません
●引火性・発火性・・・非危険物(蓄積制限無し)

・アースクリーンは希釈することで洗浄力を発揮します。(アースクリーンSK以外)
  原液で使用した場合、洗浄力が低下することがありますので必ず希釈してお使い下さい。

・希釈水は、軟水・硬水・海水を問いませんが、強酸性(ph3以下)の水による希釈は洗浄力に影響を与える恐れがありますので、ご使用にならないで下さい。

株式会社ニックは、工業用洗剤、業務用洗濯洗剤、油吸着剤、油処理剤、部品洗浄、クリーニングなどの工業用、産業用洗剤や整備工具や補修剤などの工場施設や専門分野向けの製品や、一般ご家庭や
企業様向けの製品をご提供しております。
株式会社ニック
業務用品専門店 Proバイダー
〒589-0022
大阪府堺市堺区戎島町4丁32-2 

ページトップへ